ブログ

Blog

人生のテーマとは。したいことが分からない時の見つけ方

「恩送り」


私が大切にしていること。


というのも、
恩送りをしている人生だと気づいたのは、
先日のこと。


「私って何者なんだろう・・・
何をしたい人なんだろう・・・」


起業してからも、
このセリフはよく言っていた。


好きなのは、
「人」というのは、
会社員時代から変わらないこと。


20歳の頃新卒で入った会社は訪問販売の営業で、
教材を販売して歩いていた。


それからというもの、
「セールス」の世界にどっぷり浸かって、
21年が経っている。


セールスの世界で毎日数字に追われることは、
とっても嫌だったけど、笑
嫌すぎたけれど、


なぜかいつもセールスをしていた。笑


嫌悪感がありまくるセールス人生が一転したのは
「真剣にお客様のことを知りたいと思い、
真剣に仕事をし始めた」頃。


嫌悪感があり続けていた原因は、
「真剣に仕事をしていなかった・・・」
それだけだった。笑


実は、人っていつでも
「足りていない」感覚があるもので、


目の前に既にあることへの意識が向きにくい。


だから、
目の前のことに真剣に向き合うことって
すんごい難しいこと。


どうしても、
嫌悪感犠牲感を感じながら
仕事をしていたりする。


足りていない感覚で目の前を見ると、
どうしても、
「もっと他にあるんじゃ無いのかな」
って思うんだよね。(^◇^;)


実は、何かに夢中になって追いかけた先に、
本当にしたいことが
溢れてきたりするもの
なのだ。


恩送りの話に戻るけれど、
恩返しならぬ、恩送り。


これまでの人生を振り返ると、
“して頂いたことで嬉しかったこと”
次に別の誰かへ同じことをして歩いていることに
先日気付いたのだ。


もはや、
そのために人生を創り出してると言っても
いいくらい。


私の人生のテーマは


【感謝】


なんだなと、納得した。


実は若い頃、


ありがとう。

が素直に言えなかったことがある。笑


末っ子の甘えん坊の私は、
とにかく我が強かった。笑


ライフセルフケアを始めるまで、
幼い頃の私を引きずりながら人生を
歩いていることで、


うまくいかないと感じる体験も
よくあったけれど、


今となっては、
そんな私にもありがとうと感じるのだ。


どんな私であっても、
いつも学びを生み出しているから。


したい事がわからない時、
探そうとすればするだけ見つからないもの。


実は、目の前にあるものなのです。


頭の上にメガネがあるのに、
メガネはどこだと探している様なものなのだ。


自分のことはなかなか自分で分からない。
だから、焦る必要はなくて、
こんな時こそ人に聞くこと。


すると、
あっけなく“したいこと”のヒントが
もらえたりする。


誰でも同じように、
今のあなたがする事=したい事
は、必ずありますよ!


それではまた!